少年へのキャスティングスクール

今回スクールに参加してくれたのは、当スクール最年少で小学校5年生のT君です。T君は、驚いたことに私の近所に住んでいて、当スクールは親御さんがHpをご覧になられての申し込みがあり、今回で2回目(2018/10/09)となったのです。

T君は釣りが好きで、友達とよく海や川へ行って楽しんでいるようです。最近のエピソードは、学校にNHKが「小学校の防災について」取材があり、その中にT君が出演しているようです。放送は来年の2月頃だそうですが、楽しみです。

そんなT君は、とってもキャスティングの理解が早く、今回で2回目であるが、ピックアップ・レイダウンの一番肝心なバックキャストの重要性をマスターし素晴らしバックキャストで綺麗にループが伸び、そのためフォワードキャストではループ幅がタイトなターンができておりました。そして、次にフライタイイイングをしました、これがまたT君が興奮して、見よう見まねで巻いていましたが、その真剣な眼差しがとっても無邪気に見えました。

このように、小学生が当スクールに来ていただき、私はとっても勉強になりました。専門用語を使わずに如何に簡単な言葉で相手に伝えるかが、今回改めて身に感じたスクールです。今後もT君の質問攻めにあいますが、それもまたフライフィッシングの楽しいところです。